よもやま日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新兵器登場!(オイルスプレー)

随分前から気になっていたコレを,このたびついに導入! oilspray1.JPGiwakiのオイルスプレー! ガスタイプではなく,噴霧用に事前に蓋を上下させて,内部の圧力をあげておくスタイル. オイルカットに最適!という理由で紹介されることが多いオイルスプレーだけれど,実は  「頑張らなくても,油がまんべんなく回せる」 ってのが魅力で導入した不器用な人なのでした^^; 何種類か出ているため,どの製品が良いか,ネット上での口コミ情報をチェックしたものの,どれもこれも賛否両論.それが多少気になりつつ,でもハンズで売り切れになっていたしなぁということで思い切って導入. が,しかし. 手元に到着してウキウキと油をセットし,シュコシュコと内圧を上げて,スプレーした導入初日. ぶじゅっ.ぶじゅじゅっ…… なんとも情けない音を立てて,ひたすらダリダリと垂れてくる油. 絶賛している人たちが享受しているような「霧のような」スプレーってなんのこと?!みたいな油. orz orz orz 明らかに加圧が足りないんだろうなぁとは思いつつ,「3回目で壊れた」というネット上の口こみ情報が気になるわけで.何度も付属の取扱説明書を確認してみるのだけれど,「使用前に数回押し込むだけ」という記述のみ.……数回って,何回だYO?!(涙) 結局,使えないなら壊れたも同然だよねと腹を括り,かなり多めにシュコシュコ加圧してみたら,しゅわっ!と気持ちよい音で,華麗な噴霧が実現したのでありました. ああ,よかったー.もっと加圧してもよかったんだね. 今回見つけたコツは,蓋を押し下げてみても,自力では下がれず戻ってきてしまうくらいには加圧しなきゃダメという目安,かな. oilspray2.JPG 手の感触から言うと,自転車のタイヤの空気入れの,最後の胸突き八丁の最初の何回かだけでやめとく感じ. しかし,この取り扱い説明書,わかりにくすぎ. 精度なんか要らないから,内圧ゲージをつけてくれたら少しは楽なのになぁ.(コスト的には難しいのかなぁ,やっぱり) とりあえず,自分が上手に使えそうなので,ほっ.
コメント
持ってる持ってる♪
(と言うコメント予想してた?(笑))
私のはカナダで見つけた安物です。
オーブンでやる揚げ物(って言うのかな?)の時に使います。
しかし、肉料理をほとんどしなくなったから、今は使ってない。
そっか、普通に油をひくのに使えばいいのね。
2008/01/28(月) 16:05 | URL | ぶたぶた #79D/WHSg[ コメントの編集]
>ぶたぶたさん
ああ,やっとseesaaが復活したー(コメントが,手元では見られるんだけど,WEB上に反映されてなかったもんね)
あ,やっぱり持ってたか!(”持ってる”コメントを予測して書いたわけじゃないけど,便利グッズは大抵持ってそうなイメージなので,非常に納得 :-))
油をきれいに引くのって,あったまってからウリウリ回さなきゃいけなくって,少量だと大変じゃない?特にテフロンのフライパンなんて,油はほとんど要らないはずなのに,おかしいなぁ…みたいな.
あとは,茹で上がったパスタにオイルをまぶしておきたい人とかにも良いらしいデス.
2008/01/29(火) 08:35 | URL | nacky #79D/WHSg[ コメントの編集]
ほっ.
コメントが反映されないから、書き込み忘れた?って思ってた。
フライパンには少量の油をひいて、キッチンペーパーでのばします。
でも少量の油がほとんどペーパーについちゃうんだよね。
パスタのオイルまぶしね。
うむうむ、ちゃんと使おうっと!!
2008/01/29(火) 09:30 | URL | ぶたぶた #79D/WHSg[ コメントの編集]
そうそう,本当に薄くのばさなきゃいけないときは私もキッチンペーパーでやってたんだけど,あれはペーパーがゴミにもなっちゃうからさ.
というわけで,ぶたぶた家のオイルスプレーも復活だね!
2008/01/29(火) 09:45 | URL | nacky #79D/WHSg[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最新記事
カテゴリー
コメントありがと!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。